2013-02-13(Wed)

「原発=核抑止力」の日本に、北朝鮮非難する資格ありやなしや&トカゲの尻尾になった東電企画部長の心境やいかに。

くろねこの短語
http://kuronekonotango.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-7cd7.html

2013年2月13日 (水)
「原発=核抑止力」の日本に、北朝鮮非難する資格ありやなしや&トカゲの尻尾になった東電企画部長の心境やいかに。

 北朝鮮の核実験は、号外まで出たりして、上を下への大騒ぎ。で、国連安保理は「重大な行動をとる決意がある」って息巻いていたから、それってイラク侵攻みたいなことするつもりなんだろうか、と思っていたら、なんのことはない「重大な安保理決議違反」というなんともおざなりな声明を発表してお茶を濁しちゃいました。

 腹痛シンゾーはここぞとばかりに「断固として非難する」てなことかまして、とりあえずは強気なそぶりを見せてはいるけど、では具体的にどうするのってなると、なす術がないってのが本当のところなんですね。ま、中国とアメリカがどうにかしてくれるだろう、ってことなんだろうけど、よく考えてみれば、原発抱えている日本に北朝鮮を非難する資格ってないんだよね。

 なんとなれば、「原発=核抑止力」ってのが日本の立場なんであって、娘が東電のアンポンタン幹事長・石破君も「核の潜在的抑止力を維持するために、原発をやめるべきとは思わない」ってぬかしてるくらいだからね。だから、北朝鮮の核実験を非難するってのは、自分に唾吐いてるようなもんで、まったく説得力はありません。それは、アメリカだって中国だって同じなんだね。

 もし日本がこのことで存在感を示すとするなら、「核廃絶、だから原発やめます」って世界に向けて宣言するのが一番なんだろうけど、核中毒の原子力村の皆さんにとっては、そんな選択肢は金輪際ありません。でもって、北朝鮮とのチキンレースは、永遠に続くってわけです。ホントにアホらしい話だ。

・週刊MDS
原発維持と核兵器/読売新聞、自民・石破が公然と主張/「原発は潜在的核抑止力」】

 アホらしい話と言えば、東電社長の国会での釈明ってのも実にいけ図々しいものでありました。部長の独断だからあずかり知りません、ってなことぬかしてくれたけど、ま、予想通りの見事な責任転嫁で、東電の社員は早いとここんな会社辞めたほうがいいよ。でないと、いずれは自分にお鉢が回ってくるからね。国会事故調に嘘ついて調査妨害した当事者の玉井とかいう企画部長なんか、いま頃どんな思いで針の筵に座ってるんだろう。トカゲの尻尾になった気分を是非とも聞いてみたいものだ。

 それにしても、そろそろ東電内部から内部告発するはねっ返りってのが出てきてもよさそうなもんなんだが、一向にその気配がないのはどうしたわけなんでしょう。そんなに居心地いいのかねえ。もっとも、東電辞めたところで、「東電の社員でした」じゃ再就職は覚束ないだろうから、辞めるに辞められないってのが現実なのかもしれないね。何事も部下の責任ですましちまう会社にしがみつかざるを得ない一般大衆労働者諸君の忸怩たる思いはいかばかりでありましょうや。って、同情してどうする。

スポンサーサイト
2013-02-13(Wed)

キリスト教に根差す成長神話の資本主義 何時になったら西洋かぶれから抜け出すのか

あいば達也
http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/8331c431d785f8eed3083a033c02d3dc

2013年02月13日

●キリスト教に根差す成長神話の資本主義 何時になったら西洋かぶれから抜け出すのか

 自民党の安倍晋三推し進めているアベノミクスにケチをつけている筆者だが、別に安倍晋三を嫌っているわけではない。どちらかといえば、話せば共通の言語を持っていそうな政治家だなと云う印象さえ持っている。ただ、政治家ゆえに共鳴できない部分が多いのだと認識している。小沢一郎の政治活動についても、最近は距離を置くかたちで観察している。他人は、あまりにも無惨な敗北を帰した小沢を見捨てたな、と揶揄するも方が多いが、見捨てたつもりもない。

 小沢の政治行動の失敗が引き金にはなったのだろうが、最近の小沢の口から、彼の哲学的発言が影を潜めてしまったことが、筆者の心に隙間風を吹かせたと云うことだろう。小沢にして、そうなのだから、他の政治家などの言うことは、荒野に意味もなく吹きつける風のようなものに思える。特に挫折感でもなければ、焦燥でもないし、達観でもない。勿論、敗北者の戯言でもない。ただ、政治に求めても意味のない次元の気づきにより、政治とか政党への興味が酷く低下してしまったということだ。

続きを読む

2013-02-12(Tue)

なりすまし事件の容疑者逮捕で警察の誤認逮捕はなかったことにされちゃいそうです。「否認しているのはウチと一緒で・・・」と語る被害者家族の冷静さを、新聞・TVは見習わなくちゃ。

くろねこの短語

http://kuronekonotango.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-364d.html

2013年2月12日 (火)
なりすまし事件の容疑者逮捕で警察の誤認逮捕はなかったことにされちゃいそうです。「否認しているのはウチと一緒で・・・」と語る被害者家族の冷静さを、新聞・TVは見習わなくちゃ。

 どうやら、TVってのは各局ともドラ息子・進次郎の応援団に成り下がったようですね。昨日なんか、3連休の最終日で、なりすまし事件以外はこれといったニュースがないからとはいえ、ドラ息子をリーダーとする自民党青年局の福島訪問をこれでもかと流しまくっていた。テレビ朝日にいたっては、昼のニュースに続いて、ワイドショーでも延々とヨイショしまくっとりました。ぶら下がりインタビューなんかでは、父親譲りのショートコメントの小気味よさを発揮したりはするんだが、具体的な政策というか、政治家としての理念みたいなものっていっさい聞こえてこないんだけど、ひょっして何も考えていなかったりして・・・。ま、どうでもいいけど、あの目つきの悪さは食事時にはご法度ですね。

 ところで、なりすまし事件容疑者逮捕で、警察のリークに乗っかったTV各局の節操のない乱痴気騒ぎってのは、いったいなんなんでしょうねえ。事件とは何の関係もないことまで、根掘り葉掘り報道して、これまでさんざん冤罪の片棒担いできたことの反省は微塵もありません。今回は犯人に間違いないだろう、っていう暗黙の了解が各社ともあるんだろうが、郵便不正事件を待つまでもなく、なりすまし事件で誤認逮捕が起きた時も同じような決め付け報道してきたんだよね。少しは、謙虚な心を取り戻しているかと思ったが、だめだね、これじゃ。

 誤認逮捕された被害者の家族が、「否認しているのはウチと一緒で、誤認逮捕したらアカンで、警察も」とコメントしているように、いまのところはちょいと足を止めて冷静にこれまでの推移を検証することが必要なんだと思うけどね。もっとも、いまだに小沢一郎を悪者扱いして憚らないマスメディアに、公平・公正な報道姿勢を期待するのはないものねだりにしか過ぎないんだろうけど・・・。

 それにしても、「誤認逮捕で多大な迷惑を蒙った被害者が存在する事件だから云々」っていう論調は、ちょいと筋違いだろ。誤認逮捕したのは警察であって、しかも自白までさせてしまったという荒っぽい取調べまでしてたんだから、これはこれでちゃんと検証しなきゃいけないんだよね。容疑者が逮捕されたら、誤認逮捕までこいつのせいだなんて言われちゃかないませんよ、実際の話。おそらく、容疑者逮捕で警察の誤認逮捕はなかったことにされちゃうんじゃないの。警察のリークのおかげで、逮捕前の映像なんかも撮れて、新聞・TVはすっかりお世話になっちゃったからね。しかしまあ、猫カフェで生ビール飲んだからって、なんだってんだ・・・ったく。
2013-02-11(Mon)

シャープが日本人を救い 日本人がシャープを救う!

http://grnba.com/iiyama/index.html#st02112

◆2013/02/11(月)2 シャープが日本人を救い 日本人がシャープを救う!
20130216.jpg
売れてます!
本当に ありがとうございます!
シャープの空気清浄機が売上げが
毎日30台以上! という驚異的な
数字。
この数字は、日本人が心底本気で
自己防衛に取り組みだした!という
証拠です。
PM2・5関係の質問が ほぼ消えて、
『放射能ゼロ空間』を真剣につくって
ソコに避難し、身体を養生させる!
こういう考え方の人たちが 日に日に
増えてゆく! という実感を鷲は毎日
ひしひしと感じるようになった。
一昨年の春、鷲は『放射能ゼロ空間』を提唱したが、反響がなく
て、なぜ分かってもらえないのか? と泣き言をたれた…。

しかし、いまは違う。
きのこ女史やネットゲリラ氏が、シャープの空気清浄機を部屋
の中に置くだけで空間線量が減量し、呼吸による内部被曝が
激減することを書きまくってくれたこともあり、社会的に思わぬ
広がりをみせている。

いまが大切なのだ!
東電福一が全く収束しないまま、2年が過ぎようとしているが、
チェルノブイリでも、ウクライナでも、ベルラーシでも、2~3年
が過ぎた頃から、皆が「大したことないじゃん!」とロシア語で
つぶやきながら、安心し、忘れていった…。

しかし、3年が過ぎた頃から病気で倒れる人間が増えはじめ、
4年めに入ると、バタバタと人間が死にはじめた。

いっぽう、あとになってキバをムキ出す内部被曝の恐ろしさを
知っていた人たちは、日本から取り寄せた味噌を食べ、窓を
締め切って、濡れた新聞紙で床の放射性物質を取りのぞいて
いった…。こういう生活をした人たちは、病気にならなかった。

同じことが、いま、日本でも大々的にはじまっている。
放射能は恐い! 致命的だ!
しかし放射能なんかには負けない! 絶対に病気にならない!
こう決心し、日々努力して免疫力をあげ、『放射能ゼロ空間』に
こもり、あるいは睡眠時だけでも『放射能ゼロ空間』で眠る…。
こういう日本人だけが助かり、新しい日本をつくっていく!
そのためのシャープの空気清浄機。
シャープが日本人を救い、日本人がシャープを救う!
こういう時代がはじまったのだ。夢と希望がうまれてくる…。
プロフィール
里子の☆ラウンジへようこそ

satoko1014

Author:satoko1014
ヒマができると何かしら作っているふつーのオバ・・・いえ、ふつーのお姉さんです♪
ココログ里子のブログもよろしくね☆

カレンダー
09 | 2013/02 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新コメント
最新記事
アマゾン
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
ショップ